「 闘神伝3」シリーズ

 闘神伝3 (1)  /監修 余東恩/編 
李重豪/画 
 隠れた人気を誇る格闘ゲーム「闘神伝3」をベー
スにしたコミック。
 1995年、「闘神大武会」でカオスに勝利したエイジ・シンジョ
ウ。それから2年、彼は姿を消したカオスと実兄・ショウを探し、
あてどない旅に出ていた。ふいに感じる「闘気」。それはカオス
の再臨を告げていた。
 とある廃工場の奥、復活を期しエネルギーを蓄えていたカオ
ス。その闘神パワーは、エイジよりはるか上の「レベル8」。
 ところが!突如静寂を破り乱入、カオスをひねり潰す男が…
「古代組織」教祖・アベルだ!
オールカラー変型B5  42p
1997年
J2303 ¥380

 闘神伝3 (2)
 アベルの強烈なパンチで腹に風穴が開く
エイジ・シンジョウ。死のふちで彼の脳裏に
浮かぶは、強き兄、ショウ・シンジョウ。自
分を守り、鍛え上げてくれたにもかかわら
ず、宝刀とひきかえにふいに姿を消した兄。
兄を探し出す!その強い思いはエイジに、
未曾有のパワーを与えた…
  アベルは邪悪な「古代組織」のリーダー。
彼らが仰ぐ神「アゴーン・テオス」を覚醒さ
せるのに必要なふたつ、それは「究極生命
体」と「熱き闘いの血」。いま、「究極生命
体」の持ち主として捕獲してきたカオスが、
実は人違いと知ったアベルは…!??
オールカラー変型B5
31p 1995年
J1170 ¥380

トップへ
戻る