「 赤蠍13」シリーズ

赤蠍13 (1) /作 
 「昆虫」をモチーフにした、香港では少々異色な
SFアクション。
  2097年。世界は東と西、たった2つの国家へと統合され、
二国は示威活動に熱を上げていた。その一環として、西の政
府が行なう「超核爆弾実験」。すべてを焼きつくし、殺しつくす
巨大爆発の瞬間、二つの生物の影が空から現れた。エイリア
ン!?その身体は、すさまじい爆風と熱線のあとも、首から下
をまったく無傷で残していた。
 3ヵ月後。街は「寄生人事件」にふるえ上がっていた。遺体が
すべてドロドロに腐乱し溶けているという、連続大量殺人事件
…いっぽう核実験を担当した太博士は、残ったエイリアンの躯
体を使い、奇妙な人体改造実験を行なうという。
オールカラー 変型B5 47p
1995年
J3762 ¥380

 赤蠍13 (2)
 寄生人「虎蠅」に急襲される太博士・乙郎
親子。吐き出す唾液は硫酸なみの腐食性
をもち、太博士は重傷を負う。「乙郎よ…私
を病院に連れて行ったあとは、すぐに逃げ
るのだ。寄生人の秘密、そして私の伝えた
いことは、この中に入っている。パスワード
はお前の誕生日だ…」博士は息子にディス
ク入りの腕時計を手渡す。哀しい結婚祝
い、そして形見の品だった。
  ディスクに入ったメッセージに乙郎は愕
然。「寄生人」開発への驚愕の過程がすべ
て語られていた。逃亡した寄生人は全部で
12人。「そして最後に私は、究極の『13人
目』を作りたかった」…。
邱福龍イラスト入りカレンダーカード付
オールカラー変型B5
31p 1995年
J6056 ¥380

 赤蠍13 (3)
 太博士の搬送された病院に侵入する寄
生人・斑蚊。なぜ、病室より1階下で身を潜
めた!?
  彼は厳重な警備を嘲笑うかのように、鋭
い吸血管で天井を突いた。針は上階の床、
ベッド、そして太博士の急所をも貫通し、博
士はそのまま帰らぬ人に。
  病院では大腸と内容物をえぐられたナー
スの惨殺死体も見つかる。「虎蠅も潜入し
たのか…」警官・韋徳は銃をかまえる。
  しかし彼の部下を人質に、腐食粘液を吐
きまくり攻撃する虎蠅には、勇敢な彼も力
及ばず…そして虎蠅は街に飛び出した!
オールカラー変型B5
32p 1995年
J6057 ¥380

 赤蠍13 (4)
 ミノール島に住む殺人カブトムシの謎を追
い、昆虫博物館にやって来た乙郎。ケージ
内のカブトムシを強奪しようとした彼は、「寄
生人」斑蚊&青蜂に襲われる。猛毒赤サソ
リのケージに頭をねじ込まれる乙郎。サソリ
は彼の頚動脈を刺した…
  死を悟った乙郎はとっさに、父の形見・異
星人のDNA入りアンプルを自らの身体の中
に注入した。サソリの毒とエイリアンのDNA
…彼の身体の中でいったいどんな変化
が!?
オールカラー変型B5
30p 1995年
J267 ¥380

 赤蠍13 (5)
 乙郎の体内の異星人DNAを狙う青蜂。乙
郎は、監禁された基地「青蜂洞」から乗り物
を奪い、逃走する。異星人が残した武器の
破片を持って…。
  追う青蜂&暴甲。逃げる乙郎は「超時空
サーキット」に迷い込む。サソリ毒による痛
み・苦しみでバランスを崩した乙郎は壁面
に激突。衝撃の瞬間、彼の身体に劇的な
変化が!
  しかし彼を阻む手が背後から迫ってい
た。青蜂だ。その青蜂自身もまた、「変身」
を始めていた…?
オールカラー変型B5
30p 1995年
J268 ¥380

 赤蠍13 (6)
 「貴様も我々『寄生人』の仲間入りだ!」
変身し「赤蠍」となった乙郎に襲いかかる青
蜂。エイリアンの武器の破片が埋め込まれ
た腕時計を奪え!赤蠍の腕をつかみ上げ
る。
 しかし破片が持つエネルギーは巨大な爆
発力を生んだ!赤蠍は反撃を始める。青
蜂、彼こそは愛しい父を奪った仇敵なの
だ。
 仇討ちに燃える赤蠍。ところが青蜂は、巨
体の「暴甲」とタッグを組んで攻撃を…?
オールカラー変型B5
30p 1995年
J269 ¥380

 赤蠍13 (7)
 「寄生人」-それは科学者・太博士による
壮大な実験の「失敗品」だった。
 死刑・終身刑の囚人ばかりが集められた
ホートン監獄。12人の囚人が「実験台」とし
てカプセルに入れられる。二大核爆発事件
の際に採取されたエイリアンのDNAと、昆
虫のDNA。これを囚人に注射することで、人
間の生命力を超えた「スーパー人類」を創
出しようとしたのだが…
 「実験台」らはマユを破り、醜悪な姿で飛
び出した。国軍の攻撃網を破り、野獣の棲
家・ビート森林に逃亡した「寄生人」たちは
…!?
オールカラー変型B5
31p 1995年
J270 ¥380

 赤蠍13 (8)
 仮装パーティーの夜、美人警官・ミーナが
洗面所で出会ったものは…死のサンタクロ
ース。その正体は、次々と女性ばかりを襲
う寄生人・斑蚊。
 彼はかつて女富豪の家に住み込みで雇
われ、カネにものを言わせ身も心もなぶりも
のにされた。すべての女に対する恨みが
今、殺意となって爆発する!!
 魔の手はミーナにも迫る。ガーターベルト
に隠したピストルを抜くミーナ。ところが斑蚊
は彼女を殺すことはなかった。いったい、何
故!?
オールカラー変型B5
31p 1995年
J271 ¥380

 赤蠍13 (9)
 超特急列車を素手で止めた青蜂。その意
図は?列車には「破片」を輸送する国防省
の秘密工作員が乗っていたのだ「破片」の
入ったスーツケースを奪おうとする青蜂。と
ころが彼の額が突然裂け、緑色の光を放ち
始める。ひそかに見守っていた彼の実父・
田博士は…!?
 いっぽう、別の列車に乗る乙郎。人の姿
に戻った彼は、隣の乗客のタバコに急に苦
しみ出す。彼はタバコの煙に反応して「赤
蠍」に変身するようになってしまったのだ。
オールカラー変型B5
30p 1995年
J272 ¥380

 赤蠍13 (10)
 リュックを盗まれた乙郎は犯人の女を追
う。すると目の前に立ちはだかったのは…。
 入院したミーナを見舞う、好色な国防省長
官・メイジ。その帰り。彼は謎の美女を介抱
する。彼女こそは「寄生人」のひとり・血蟷
だった。巧みな演技でメイジ長官を誘惑し、
家に誘い込んだ血蟷は!?
 そのころ、両親の墓の前でひとりたたずむ
早紀。幼いころに両親を目の前で殺害され
た彼女は、犯人が「寄生人」となって甦って
いることを知る。
オールカラー変型B5
34p 1995年
J273 ¥380

 赤蠍13 (11)
 街では奇妙な清涼飲料水「迷幻境界」に
若者たちが夢中になっていた。コーラよりも
安く、幻覚作用を持つドリンク。そのCMは
電波ジャックされたテレビを通してばらまか
れた。すべての陰謀の主は「寄生人」虎蠅
であった…。
 そのころ。リュック奪回のために謎の女を
追っていた乙郎は、女の師匠・鬼車周助と
出会う。青ざめる乙郎。彼は学生時代の乙
郎の学校に武術の師範として招かれ、乙
郎のいたずらによって全校生徒の前で恥を
かかされていたのだ。
 ところがその鬼車が、何者かに襲われ
…!?
オールカラー変型B5
30p 1996年
J274 ¥380

 赤蠍13 (12)
 国防長官メイジを誘惑した血蟷。彼に持
たせたエイリアンの武器の「破片」は、真っ
赤な偽物だった。それには発信装置がつけ
られ、長官とともに国防省の最中枢へと潜
入する。
 国防省にはすでに赤と緑、2種の「破片」
が収蔵されていた。長官の破片は収蔵品と
ともに真贋が検査にかけられることに。列
席の田博士は青ざめた。なぜなら収蔵品の
緑の破片もまた偽物、本物は息子・青蜂の
手の中にあるから…
 そのころ、長官の精液から採取したDNA
データをもとに、見事に長官に変身したの
は血蟷の夫・暴甲。国防省中枢へ、まんま
と侵入成功するが…。
オールカラー変型B5
30p 1996年
J275 ¥380

 赤蠍13 (13)
 偽物の「破片」が発端で、暴甲と青蜂は
大激突!可燃ガスたちこめる石油精錬所
で、困難な闘いを強いられる両者。ところが
暴甲は誰も予想しなかった秘密兵器・光の
ソードを繰り出して…
 そのころ、乙郎と鬼車周助のもとに突如
乱入したのは、周助の双子の弟・小助。超
一流武芸一家・鬼車家宗主の地位をかけ、
決闘を申し出て来たのだ。女弟子・柯藍、
そして乙郎が応戦するが…!?
オールカラー変型B5
30p 1996年
J276 ¥380

 赤蠍13 (14)
 乙郎は武術の名門「百極堂」への弟子入
りを志願する。「百極拳」を会得し父の仇を
討ちたいと…当主・周助の条件はひとつ。
「この『百極堂』の後継者となるのじ
ゃ」!?
 そのころ。ミーナににじり寄る斑蚊の獣の
手。助けに来た韋徳もあっけなく命を落とし
た。もはや逃げ切れぬか!?と、そこへ。
背後から斑蚊に手をかける鋭いカマ!青蜂
だ。そしてその前に立つ血蟷。いつしか両
者は死闘に!
 この襲撃以来、悪夢にうなされるミーナ。
いっぽうで斑蚊のメディアジャック作戦が密
かに進んでいた…。
オールカラー変型B5
30p 1996年
J277 ¥380

 赤蠍13 (24)
 兄・を追いつめる韋徳。そして壮絶な
兄弟対決…と思われたが!?「その程度
の実力で、俺たち寄生人を絶滅させられる
と思っているのか、韋徳!」
 「お、俺は…ただ、国家に尽くすためにや
っているだけだ…」といいつつ韋徳の心は
揺らぐ。
 そのころ。『長老』によって捕らえられ、研
究室送りとなった赤蠍=乙郎。彼の脳波
に、直接「百極暗殺拳」奥義、そしてある暗
殺指令が送り込まれる。
 そして郊外の貯水庫では、虎蠅により水
に麻薬物質「迷幻境界」が混入されようとし
ていたが…。
オールカラー変型B5
30p 1996年
J278 ¥380

 赤蠍13 (27)
 百極堂の後継候補である美女・コラン。彼
女は当主の弟・小助の下へ遣わされるや
否や、捕らえられ脳波解析へ送り込まれ
た。百極堂中枢へアクセスする秘密のパス
ワードを求めて…
 「コランに何をする!」当主・周助、怒りの
表情が電送される。が、小助と傍らに侍る
「金長老」は、コランの脳をレーザーメスで
切断しようと…
 「やめろ!パスワードはわしが教える!」
が、コランは叫ぶ。「やめて!教えては駄
目!その長老の正体は…」寄生人「攻蟻」
であった。
オールカラー変型B5
30p 1996年
J280 ¥380

 赤蠍13 (28)
 青蜂vs黄蜂、寄生人ハチ族どうしの大対
決!同族である彼らは互いの急所を熟知し
ていた。それは尻尾の針。青蜂の針は、最
強レーザーソードを握った腕の中に隠され
ていた。
 腕を羽交い絞めにされ、ピンチの青蜂。
が、彼の逆襲は始まる。ターゲットは黄蜂
ではなく、その部下でデータハッキングを働
く「神童」のコンピュータ!
 そのころ乙郎・韋徳・コランは百極堂のミ
サイル攻撃から辛くも逃れていた。大統領
を襲う乙郎=赤蠍の手を阻んだのは韋徳な
のに、何故…韋徳は乙郎を助けた?
表紙に大きなヤブレあり
オールカラー変型B5
31p 1996年
J281 ¥250

 赤蠍13 (31)
 太乙郎はコランを置いて早朝ひとり出か
けてゆく。その先は…「霹靂号」を駆る街角
で偶然再会した、昔の恋人・早紀の家だっ
た。
 驚く早紀を乙郎は森へ連れ出す。再びそ
っと心を通わせるふたり。ところが場面は暗
転。ふいに襲い来るのは斑蚊。「父の恨み
…晴らすときが来た…」乙郎は赤蠍に変身
し、戦う!
 そのころ、乙郎の帰りを待つコランとバイ
クショップの仲間たち。その存在が黄蜂らに
知られた。そしてショップには巨大トレーラ
ーが突っ込んで…。
オールカラー変型B5
30p 1996年
J284 ¥380

 赤蠍13 (32)
 潜んでいた虎蠅によって、コランの口には
ハエが詰め込まれていた。「彼女を助けて
欲しければ、俺と一緒に国防局に帰るん
だ。」
 「断わる!帰ればもっと多くの人間を死に
巻き込むんだ!」コランは耳を疑った。自分
を見捨てる乙郎=赤蠍のひと言に。しかし
その時、赤蠍の心は決まっていた。虎蠅を
殺し、仇を討つと…。
 そしてハエの群れからは救われたもの
の、自分よりも昔の恋人・早紀を守ろうとす
る赤蠍の姿にコランは深く傷つく。早紀のバ
イクで黄蜂&鐵血の襲撃から脱出した赤
蠍。ところが、逃げのびた森で…!?
ウラ表紙2cm程度折れ目あり
オールカラー変型B5
29p 1996年
J285 ¥300

 赤蠍13 (33)
 大爆発のあとのバイクショップから、コラン
を誘拐していった青蜂。「彼女を返して欲し
ければ、今日の夕方、太乙郎を迎えによこ
すんだな」。今日の夕方…奇しくも早紀も黄
蜂にさらわれ、「返してほしくば夕方、乙郎
みずから現れることだ」と条件を出されてい
たのだ。乙郎はどちらを助けるのか?
 そのころ、・韋徳兄弟はビート森林
へ。森でふたりを迎えた夫婦、かれらもまた
寄生人。不幸な出来事からみずから人体
実験を志願することとなった夫妻は、自分
の身体で血清を作る力を身につけていた。
血清注入の実験台に、はすすんでな
ろうとしていた…。
オールカラー変型B5
30p 1996年
J286 ¥380

 赤蠍13 (34)
 ビート森林に連れてこられた乙郎に、
は命じる。「君の友を…韋徳を助けた
まえ」。そこには、2つ目のエイリアン兵器
の破片、そして蝙蝠蛾の血清を注入され、
体内での化合作用に苦しみぬく韋徳の姿
があった。
 「無理だ。なぜなら僕は…もう赤蠍に変身
することが出来ないからだ。」斑蚊との一戦
で受けたダメージのせいだった。
 何とかならないのか…方法はひとつ。彼
の身体にもうひとつのエイリアン兵器の破
片を注入すること。激しい苦痛覚悟で乙郎
は破片を受け入れる。
オールカラー変型B5
29p 1996年
J287 ¥380

 赤蠍13 (35)
 青蜂にとらわれたコラン。「赤蠍が…助け
に来てくれるはずはないわ。」しかも彼女を
横取りしようと虎蠅&攻蟻までやって来
た!「お前らには関係ないだろう!」しかし
攻蟻はコランをつかんだ手を緩めない…
 と、そこへ!赤蠍登場。「バカな・・・俺と
の戦いですでに変身不能のはずなのに!」
しかも大パワーアップしたその実力で、虎
蠅の背骨をまたたく間に引き抜いた!これ
が彼の仇討ちだった。父の、そして礼拝堂
で虐殺された無数の人々の、無念のうめき
にこたえるための…。
オールカラー変型B5
30p 1996年
J288 ¥380

 赤蠍13 (36)
 同じくとらわれていた早紀。その腕を殴り
つける寄生人・血蚤。彼は早紀の身体に、
超小型ロボット爆弾を放つ。ノミの形をした
そのロボットは、血流に乗って心臓に達し
爆発するのだ!早紀を救いに駆けつけた韋
徳は、やにわに彼女の胸を殴り、心臓の動
きを止めた!
 いっぽう赤蠍と青蜂の戦いは続いてい
た。そしてそんな寄生人たちの動きを逐一
監視する者がいた。青蜂の父・田博士。彼
は衛星で寄生人を監視するのみならず、体
内のエイリアン兵器エネルギーを瞬間伝送
することができた。
オールカラー変型B5
30p 1996年
J289 ¥380

 赤蠍13 (44)
 エイリアンのDNAを注入され、早紀はおぞ
ましい寄生人・芫菁に変えられていた。いっ
ぽう、次々と眠りから覚める韋徳、青蜂、そ
して乙郎。
 乙郎は二度と赤蠍に変身することはなか
った。体内に注入されたF21ガスが彼の変
身を強力に阻んでいたのだ。
 今は韋徳と激しくいがみ合う乙郎。「暴力
にたよれないなら、俺はお前をどうやって押
さえ込めるというんだ!」殴りかかる乙郎。
凄絶な決闘が始まる。と、使えないはずの
エイリアン兵器エネルギーが!?
オールカラー変型B5
30p 1996年
J290 ¥380

 赤蠍13 (46)
 乙郎が目を覚ますとそこは、大豪邸のサ
ンルーム。そばにいる男は、彼を助けた寄
生人…その名は屠蟀。
 もとは富裕な商人だった彼は、ある日街
いちばんの富豪に裁判で負けて破産。相
手方の弁護士に恨みを抱き、自分の妻子を
殺したあと弁護士一家を惨殺。重罪人とし
て投獄され、そこで寄生人の人体実験に参
加…
 ところが弁護士一家で、ひとりだけ殺戮を
逃れた者があった。幼い娘、その名は早紀
…。
ウラ表紙に折れ目あり
オールカラー変型B5
30p 1996年
J291 ¥300

 赤蠍13 (47)
 乙郎をプールで迎える早紀。「あなたは…
私が本当に必要としている時には、来てく
れないじゃない…」涙ながらに抱きつく早紀
を、乙郎はここで絶命させようと考えてい
た。寄生人・芫菁の醜い姿となり苦しむ早
紀の人生を、ここで終わらせよう…
 しかし背後から近づく屠蟀。みずからも赤
蠍へと変身する乙郎。そして早紀は芫菁に
―彼らふたりの仇敵に変身した…そのフェ
ロモン攻撃に、赤蠍は、屠蟀は!?
 そのころ、鬼面蛾の「ちから」によって、あ
る海中深くにエイリアン兵器の破片が存在
することを知った青蜂&韋徳は…。
オールカラー変型B5
30p 1996年
J292 ¥380

 赤蠍13 (48)
 屠蟀の浴室に現れる影…蝙蝠蛾だ!実
力を見くびっていた屠蟀は驚く。「第4の
DNA」パワーが体内から発散されている…「
のしわざか!」彼は自らの「イグアナ・
パワー」をマックスに発して攻撃!飲み込
まれた蝙蝠蛾の細胞はバラバラに…
 その頃。赤蠍と芫菁の交合は6時間にも
及ぼうとしていた。が、それを背後から狙う
影が…血蚤だ!彼もまた、赤蠍の父=太
博士の残した体内のDNA方程式を狙ってい
たのだ。が、彼の鋭い血刀のもとにあえなく
絶命。たてつづけに2人の部下を失った
は…!?
オールカラー変型B5
30p 1996年
J293 ¥380

 赤蠍13 (53)
 殲滅者との激しい戦いを迎える赤蠍。大
パワーアップした彼は、殲滅者の体内から
エイリアン兵器の赤い破片を奪う。ひとつ…
またひとつ、破片は赤蠍のもとに飛んで集
まる。まばゆい光に感応する破片たち。や
がてそれは一本の剣をかたちづくる。
 異変を察知し雪山から降りてくる。ま
のあたりにしたのは、人間の姿に戻り倒れ
伏した弟・韋徳と、憔悴しきった屠蟀だっ
た。
 やがて屠蟀は、殲滅者に拮抗するパワー
を得るために行動開始。国務院に突入、保
存されていたエイリアンの遺体を奪い、利
用しようと・・・しかし、その背後には!?
オールカラー変型B5
30p 1996年
J296 ¥380

 赤蠍13 (62)
 目を覚ましたは東方国にいた。自分
をスパイとして育て、西方国に送り込み、A
級死刑囚としての運命をたどるもととなった
東方国に、帰ってくるとはなんと数奇な運
命。
 東方国特務機関は「西方国に帰れ。そし
て、赤蠍を倒すのだ。」と、青刀をそっと手
渡す。握ったとたん、彼めがけて霊神が舞
い降りて…
 そのころ西方国では、執拗な赤蠍殲滅作
戦が繰り広げられていたが…。
オールカラー変型B5
30p 1996年
J301 ¥380


トップへ
トップへ
戻る
戻る