「 皇者之路」シリーズ

龍虎門外傳之
 皇者之路 (1)
黄玉郎/作 
 ロングラン名作「龍虎門」から、韓国の一派「白
蓮教」教主の座をめぐる壮絶な争いを描いた外
伝。コンパクトなA5サイズ!
 我こそ無敵の皇者なり…世襲で安寧をむさぼっていた白蓮
教に突如乱入する「東方君臨」。「逆賊め!」怒り狂う手下を、
首脳を、そして自分の息子・娘をも皆殺しにして教主の座を奪
い取り、やがて自らの身体も業火に巻かれ姿を消した。
 時は経ち、ある日。地下鉄工事の穴から紅蓮の炎とともに甦
り、「東方無敵」の名のもとにまっすぐ白蓮教総本部を目指
す!
 雲の上そびえる白蓮教本部。そこには東方無敵と、「後継
者」のヤンチャボーイ・赤兒が教主復活式典を待っていた。とこ
ろがそこに…もうひとりの「東方無敵」が!?
オールカラー A5サイズ 85p
2016年
J6679 ¥580

 龍虎門外傳之
 皇者之路 (2)
 20年前。当時の白蓮教主・無懼は息子ふ
たり−「西王」無敵と「南王」無忌に同じ秘
訣を伝授した。そして戦わせ、失敗した者
に挽回の機会を与えず脱落させよう、と…
 「西王」無敵は確かに強く成長した。父ゆ
ずりの技・九陽神功『烈陽刀』はライバル教
団・一貫道の副教主の首を一撃で斬り落と
した!ところが…
 そして現代。ふたりの「東方無敵」は互い
に自分の絶対優位を譲らない。手下の誰に
もわからない、どちらが本物なのか…。
オールカラー A5サイズ
63p 2016年
J6848 ¥580

 龍虎門外傳之
 皇者之路 (3)
 一貫道の主・項無極は氷雪の神功の使
い手。氷の手刀で東方無敵の動きを封じる
と、彼の身体の内側から、無数の氷の刃で
メッタ刺しだ!
 もはやこれまでか…そばに寄り添ってい
た美女・氷心は涙する。しかしこれで終わる
無敵ではない!
 そして現在。「ふたりの東方無敵」の混乱
に拍車をかける人物が現れた。無敵の娘・
雪蓮!
 そしてはるか中国の街では…かつて東方
無敵と壮絶に戦った「羅刹教」火雲邪神
が、いまは王風雷と、ビルの谷間を自在に
駆け、戦っていた。
オールカラー A5サイズ
63p 2016年
J6849 ¥580

 龍虎門外傳之
 皇者之路 (4)
 娘・雪蓮にやさしい思いやりの言葉をかけ
る「壇上の東方無敵」。そんな彼を「地上の
東方無敵」は歯がみする思いで見ていた。
俺は王座のために家族を捨てた男。そして
このように、実娘にまで冷たくあしらわれる
ようになったのだ、と…。
 そんな「東方無敵」がかつて、一貫道の
主を倒し、全構成員を平伏させていたころ。
兄・東方無忌は白蓮教を脅かすもうひとつ
の敵を迎え撃っていた。『参幇』軍団だ!
オールカラー A5サイズ
63p 2016年
J6850 ¥580

 龍虎門外傳之
 皇者之路 (6)
 無忌は『参幇』金十狂の前に敗れ去り、
囚われの身となってしまう。空中戦をよくす
る金十狂は、飛空する鷹の背に乗って無忌
を討ったのだ。
 落下する無忌を前に白蓮教は参幇に平
伏し、二大臣下・月聖使と日聖使も囚われ
激しい拷問にかけられる。「兄を救いに行か
なければ…」無敵は心を決める。
 そして現代。激しい戦闘に陥った「ふたり
の東方無敵」の前で、頭痛を訴え「騰皇閣」
に運び込まれる雪蓮。「待って!」赤兒が
追う。「止まれ!ここは白蓮教・禁断の地
だ!」
オールカラー A5サイズ
61p 2016年
J6851 ¥580

 龍虎門外傳之
 皇者之路 (7)
 金十狂に果たし状をたたきつけ、決戦の
場に向かう無敵。そのころ金十狂は、広場
に無忌を縛りつけさらし者にし、無敵を手ぐ
すね引いて待っていた。部下・狼王との小
手調べの結果も上々だ…いっぽうの無敵
も、氷心の兄から徹底的な金十狂のリサー
チデータを受け取って準備万端だ!
 そして現代…赤兒を取り囲んだ「龍虎門」
トリオはニセモノだった。白蓮教三鬼使・五
昧法師の邪悪な末裔三兄弟が顔を変えて
いたのだ。襲いかかる3人に、赤兒は父・火
雲邪神の血が騒ぎ…!?
オールカラー A5サイズ
62p 2016年
J6852 ¥580

 龍虎門外傳之
 皇者之路 (8)
 かつて参幇は白蓮教に抑圧され、地下に
潜っていた。そんな中、外界の女性と恋に
落ちた教主の従弟・金楓。結婚して別荘で
暮らし、臨月の妻と歩いていたその時。白
蓮教軍団が襲いかかる!
 鷹の大群に助けられるものの妻は絶命。
生まれてきた赤子は母の死に気づいて火
のように泣くが、鷹の鮮血を浴びたとたん、
笑顔となった…
 そんな「鷹の子」金十狂。東方無敵との炎
の対決は、果たしてどちらに軍配が?そし
て広場でさらし者となっている無忌にも意外
な援軍が…。
オールカラー A5サイズ
64p 2016年
J6853 ¥580

トップへ
トップへ
戻る
戻る